2018年09月05日

濃い練習になりました。

今年の定期演奏会は、既に告知をしていますが超大物ゲストを2名お招きすることになりました。
世界中を飛び回って活躍している指揮者の堺武弥さんと、サクソフォーンの国際コンクールで世界一となったプレーヤーの松下洋さんです。

今回の練習は、堺武弥さんの事前指導ということで、わざわざ古瀬戸まで来ていただきました。
団員の皆さん、いつになく真剣に取り組んでいました。
目から鱗の知識が次々と飛び出してきて、古瀬戸の音がとてもまとまっていました。

定期演奏会まであと約2ヶ月のこの時期に事前指導があったということは、どんな意味があるのか?

最初の音出しが30分かけて向上したように、私たちはまだ可能性を秘めている。
この2ヶ月で更にスキルアップできる、その道を知ることができたのではないかと考えます。
古瀬戸吹奏楽団の歴史上、こんな大きな舞台はないとベテラン団員さんが言っていましたが、その舞台で納得の演奏ができるよう、今後の練習に力を入れていきたいと思います。

それではまた来週!
posted by KBB at 00:00| Comment(0) | 練習日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]